草野 美木 さん

草野 美木 さん

profile_title
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス環境情報学部。Web系企業訪問ブログ「ミキ★レポ」の運営他、さまざまなメディアでIT系の連載多数

岡崎栞さんのこれまでの主な活動

◯ブロガー活動
Web系企業訪問ブログ「ミキ★レポ」の運営 
2012年2月20日スタート。第一回の訪問先は、クックパッド株式会社
取材先は、Yahoo! JAPAN、NHN Japan、はてな、サイバーエージェントなどの企業探訪、Liverty 家入氏、Labit Inc. 鶴田氏、Wantedly仲氏など起業家対談、および「Qiita Hackathon」などのIT・クリエイティブ系イベントレポートなどがある。

・Blog「テクノロジーについてのあれこれ」

■ 草野美木さんインタビュー

【1】シャイで内向的な性格だからこそ始められた

「ミキ★レポ」という企業訪問ブログを書き始めたのが、2012年の2月、高校2年生の時でした。それから1年と少し、私もこの春から大学生になりました。

この間、本当にさまざまな企業や経営者のもとを訪ねさせていただき、とてもいい経験をさせていただきました。やはり女子高生が企業取材をしているのは珍しいのか、「ミキ★レポ見てるよ」「頑張ってるね」というお声をかけていただく機会も増え、若干ではありますが自分の中に微かな自信みたいなものが芽生え始めたような気もします。

草野美木20140813-13

こういう活動をしていると「美木ちゃんって凄くアグレッシブだね」「外交的だね」とか言われたりするのですが、実際はかなり違うんです(苦笑)。ものすごく内向的で人前に出たり話したりするのは本当に苦手で。基本的にはいつも一人でパソコンに向かっているタイプです。

そんな話をすると「えっ?」ていう怪訝な表情をされたりしがちなのですが、逆にこういう性格だったからこそ、「ミキ★レポ」を始めることができたんだと思っています。

私は小さいときから内気で引っ込み思案で、自分に自信が全く持てない子供でした。一方で姉はとても交遊が広くチャレンジ精神も旺盛で。高校の時からフォトグラファーとして注目されたり、良い大学に入って学生起業して、傍で見ていても本当に凄いなあって。憧れの女性でした。ですから「それに比べて私には何ができるんだろう」「少しでもお姉ちゃんに近づく何かを持ちたいなあ」ってずっと悶々としていたんです。

また高校2年生の時、カナダに1年間留学に行く機会があって、これも大きなきっかけになりました。この学校は授業の殆どが選択制で、かつ一般的な学問だけでなくすごく実践的なものがたくさんあるんです。例えば、自動車整備や消防士になるための訓練が単位になったりとか。必然的に自分の人生の将来を真剣に考える機会が増えていきます。

日本の高校にいると、なかなかそこまで具体的に考えませんよね?どこの大学に行こうかとかは悩んでも、「その先に何をしたいからこの大学を目指す」と言い切れる人はなかなかいないのではないかと思うんです。実際私もそうでしたし、「だったらもっと実際の社会の現場を見てみたいな」と感じるようになったのです。

また遠くカナダで1年を過ごし、家族とやりとりする際にSkypeを活用したり、FacebookなどのSNSを頼りにすることが多く、自然とWebサービスの魅力や可能性に興味を持ち始めるようになりました。

【2】企業で働くということを少しでもリアルなカタチで

私は以前からクックパッドさんのユーザーで、サイトから情報を集めたり、レシピを見て実際に料理したり、「このサービスっていいなあ。この会社魅力的だなあ」ってずっと思っていました。そんなある時、姉が仕事でクックパッドに行くことを知り、「私も行きたい」とねだってみたんです。そうしたら先方からも「高校生の意見を聞きたい」とご了承いただいて。

でもせっかく呼んでいただけるなら何か残したいなって。同世代の人にも知ってほしいし、それが訪問先の企業の方への感謝の形になるのならと、取材ブログを書くことにしたのです。それが「ミキ★レポ」のはじまりです。

草野美木20140813-28

もちろん取材も撮影も全く経験がありませんでしたが、姉から基本的なことを教えてもらって。でも二回目からはすべて一人で訪問しています。お話を聞いて撮影して、テープ起こしして文章にしてを全部一人でするのはけっこう大変ですが、でもすごく楽しいです。

ときどき企業の方が4名くらいで出てこられて、すごくプレシャーがかかるシーンとかもあるのですが(笑)、日常生活では人前で全然話せないのに、取材だと思ったより話せたりするんです。

取材前は、企業のホームページを一通り目を通して、特に最新のリリースや話題になっている点はしっかりチェックします。そして取材予定先の広報の方などに事前にお伺いを出すことも多く、その場合は取材依頼書のようなものを用意して、「何を聞きたいか」などをまとめて送らせていただいたりもします。ですから目的や聞きたいことがはっきりしている分、そんなに気後れせずに話ができるんじゃないでしょうか。

実を言うと、「何か自分らしいものを」というチャレンジのカタチをブログにしたのは少し私らしいネガティブな理由が別にあって(苦笑)。「何か事を起こそうとしても、私にはみんなと一緒に頑張るっていうことができないんじゃないか」「だから一人で完結できることの方がいいよね」、そんなことを考えたりもしていたんです。ですから取材という形をとることで、コミュニケーションという私の苦手なものを克服するきっかけを作れたような気がします。

「ミキ★レポ」が目指すのは、企業で働くというリアルを少しでも皆さんの実感値としてお届けすることです。ですから取材は私の好奇心に忠実に(笑)、そして写真の大事さも初めから意識していました。どこまで撮っていいのかなという心配もありましたが、オフィスの中とか働いているシーンとか、みなさんとても協力的で、予想以上にいろいろな場所までご案内いただき、撮影させていただきました。ブログでも可能な限りたくさんの写真を掲載させていただいています。

面白いなって思ったのが、転職を考えている方から「ミキ★レポを参考にしてるよ!」とおっしゃっていただたりすることです。就職活動中の大学生からも同じことをお聞きしました。本来は同じ高校生向けのつもりで始めたんですが、でも結果的に予想外のところから反響いただき、興味を持っていただける人が多くいることをしって、とても嬉しくなりました。

またこういった取材の繋がりから、スタートアップのITベンチャーでインターンさせていただく機会もできました。無料でネットショップが作れる「BASE」というサービスを手掛けているBASE株式会社など、本当に微力ですがお手伝いさせていただき、取材とは違った「働くということ」を実感させていただきました。

【3】「ミキ★レポ」はもう少し続けます

最近になって、新聞やWebメディアなどからインタビューをしていただくことが増え、「どうしてミキ★レポを始めたの?」と聞かれることが多いのですが、その説明をするたびに当時のことを思い出し、「もっと頑張らないとなあ」「何かまた始めたいな」と思うようになりました。

美木20140813

「ミキ★レポ」はまだしばらくの間、続ける予定です。もう女子高生じゃないし(笑)、珍しさや話題性とかは感じてもらえなくなってしまいそうですが、行きたい、話を聞きたい会社はいっぱいあるし、伝える力、表現する能力ももっと勉強したい。初めの頃の、いま見ても悲しくなるような(涙)、写真や記事よりは少しは上達したかもしれませんが、当たり前ですがまだまだです。もっと自信を持って人に見せられるものにしたいですね。

取材して感じてきたのは、みなさんの働く姿が楽しそうなこと。社員の方同士が嬉しそうに仕事のことで意見言い合っていたりするのを見ると「素敵だなあ」って羨ましくなります。「もう大学いかなくて、すぐに働こうかな」って思うことも何度もあったくらい。そういう想い入れをブログの文章にしっかり落とせるようになればいいなって思うんです。

とはいえ、今は大学に入学したばかり。ちょうど履修選定も終えたところで、当面は学業を中心にしたいと思っています。高校時代はいろいろなことを経験させていただいた反面、キャパオーバーになって中途半端になってしまい、ご迷惑をおかけしてしまったことも少なくありません。ちょうどというか、湘南藤沢キャンパスは都心から遠くて不便ですし(笑)、集中するには逆に良い環境だと思うんです。

あと・・・自分にとっての大きな課題は、大学の周りのみんなの輪に積極的に飛びこむ勇気でしょうか。取材を始めて、社会人や経営者や大人の方との接点が増え、そして私が好きなWeb系の話で一緒に盛り上がることができるのは、どうしても社会人とかになりがちで。高校時代は、そちらのコミュニティの方 ばかりに意識がいって、以前よりさらに同世代の子たちに対して引っ込み思案になってしまった気がします。

とはいっても、自分自身そんなままでもどうかなって思いますし、今の切実な悩みです。SFCならITベンチャーやWebサービスに興味がある学生も多いはずですし、そこを入り口にできたらいいなと思っているのですが。

【4】自分が作ったサービスでみんなが笑顔になってくれたら

Webサービスマニア(笑)な私としては、テクノロジー系のWebメディアやSNSから自分で探したり、先輩の社会人の方から教えていただいたりして、日々「何か面白そうなWebサービスはないかな」って情報を集めています。そしてせっかくなら、みんなにも知ってほしいし、他の人の感想も知りたいので、twitterやFacebookにも積極的に発信しています。ですから、私のウォールやタイムラインはそういう話題ばかり。全然女の子らしくないんですよ(苦笑)

草野美木20140813-3

今注目しているのは、ちょっと手前味噌ですがインターンしている「BASE」さん。メディアに取り上げられることも多いですし、ユーザーが爆発的に増えています。誰でも簡単にネットショップが持てるところがとても魅力的です。

そして取材でも訪れたことがある「Sumally」さん。このサービスは私も使っているのですが、「自分が選ぶモノで人が繋がっていけるような」プラットフォームを目指す考え方がとても素敵です。これからもっと注目され広がっていくといいなって思っています。基本的に私が好きなのはデザインの質感が高かったり、ユーザーインターフェイスが優れているものですね。こういうサービスに魅かれることが多い気がします。

そして私自身もどこかのタイミングで、自分のサービスを立ち上げようと思っています。それも学生の間にまず何かを。ですからその何かを探すために人に会うこと話をお聞きすることは続けたいですし、プログラミングやデザインなどもこれからしっかり学びたいと思っています。やりたいことは本当にたくさんあります。

大学卒業後は就職の道を選ぶかもしれませんが、最終的には独立して、自分でビジネスを立ち上げる道を選ぶつもりです。私が今までいろいろなWebサービスに出会い、楽しさや便利さを感じているように、今度は私がみなさんにとって喜んでいただけるもの、楽しめるものを是非お届けしたいですね。

メディアでの紹介リンク

・「ジセダイジェネレーションズ U-25」【行動は正義!】現役女子高生草野美木が、企業訪問ブログ『ミキレポ』をはじめた偉すぎる理由 (2013/02/19) 
・「オルタナS」 高校生がウェブ企業を訪問取材! ブログ「ミキ★レポ」とは (2013/02/12) 
・「0ichi」 やりたいことをやる、思ったらすぐにやる! (2012/11/5) 
・「読売新聞」 [顔]企業訪問記が同世代の共感を呼んでいるブロガー…草野美木さん (2013/04/05)
※「YOMIURI PREMIUM」の記事はこちら (但し有料会員限定)

イベントゲスト
はあちゅう×武田俊×今井雄紀+草野美木 星海社『ジセダイ』リニューアル記念&編集長就任記念イベント「86年生まれの次世代編集長たち」 (2013/02/06)